更新日 : 2021-05-14 (金)

川野辺のコットン布団

身体にやさしい自然素材の国産オーダー寝具


歳を重ねるごとに身体にやさしい食べ物しか受け付けなくなるように、寝具も身体にやさしいものでないと、眠りが浅くなったり、なかなか疲れがとれず翌日に持ち越してしまいます。

薬品を一切使わず、あくまでも天然素材のみを使用し、ただひたすら健康を追求し生まれた「無薬品寝具」で、今まで経験したことのない上質な眠りを体験してみてください。


おすすめのカバー・シーツ特集


布団カバーとは、文字の通り布団をカバーするもの。そのため、良質なカバーほど保護するレベルが高いです。
また、布団が良質でもカバーがそれに見合うものでないと、布団が性能をフルに発揮できません。むしろカバーが壁となり、布団の機能を阻害してしまいます。
良質なカバー、シーツを使用すれば、布団の性能がフルに発揮できるでしょう。


イワタのキャメル布団


健康を支える良質な睡眠を実現するには・・・


みなさんは、ポリエステルやビーズ、もしくは、アクリルやウレタンなど化学繊維を使用した枕や布団を肌に直接使っていませんか?

化学繊維は、主に石油などの原料をもとに、化学的に合成して造った繊維のため、長時間使用していると、どうしても蒸れてしまいます。

寝具が蒸れてしまったら、どうなるでしょうか?

・・・身体が湿気で不快になり、かゆみを引き起こし、「浅い眠り」が続いてしまい、しっかり眠れずに翌朝を迎えてしまうことも。

さらに、疲労を回復できず翌日に持ち越すどころかどんどんと蓄積し、寝起きが悪くなったり、居眠りやダルい一日を過ごすことに。

また、健康的な肌や髪に「うるおい」は欠かせません。

寝具が保湿性に劣ると、肌や髪の「うるおい」を朝まで保つことができません。

そのうえ、摩擦による静電気も起きやすく、ホコリや花粉、化学物質などを寄せつけてしまうため、ぜんそくやアレルギー反応にも注意が必要です。

最近では、価格ばかりが優先され、寝具にとって一番大切な事が忘れられたもの作りがなされていますが、寝具は人生の1/3もの時間を使用して毎日身体の疲労やストレス、肌や髪の状態を回復させています。

つまり、寝具の善し悪しで寿命や老化速度が決まるほど大切なものなのです。


イワタのダウンソックスイワタのダウンパッド


やはり寝具は、薬品・樹脂を一切使用していない『天然素材』が一番です。

特にその中でも、ひときわ優れている動物繊維の寝具が理想的。

天然素材を使用した天然繊維は、植物繊維と動物繊維に分かれます。

※年間の寒暖差が80度以上もあるような厳しい自然環境でも、常に一定の体温を維持することのできる動物たちから生まれた動物繊維のほうが、同じ動物である人間にとって優れた効果を発揮します。そのため当店では、寝具にとって必要不可欠な全ての機能において抜群に優れている水鳥やキャメルなどの動物繊維の寝具をおすすめしています。


素材の品質や生産工程、検査にこだわっています。


当店では、人々の健康を支える良質な睡眠を実現するために、あくまでも天然素材のみを使用した手作り製品にこだわり続けています。

特に肌にじかに使用する枕、掛け寝具、敷き寝具には、それぞれの役割に適した天然素材の手作り製品のみ取り揃えております。また、販売しているすべての製品は、国内の工場にて製造され、厳しい国際安全基準をクリアした製品のみ取り扱っております。


マットレスやベッドにも、とことんこだわっています。

マットレスは、常に健康を第一に考え、あくまでもノンスプリングにこだわり、地球にも身体にも優しい手作り製品を。そしてベッドには、身体に優しいのはもちろん、安定性の高い国産の天然木材のみを使用した手作り製品にこだわり続けています。


イワタのスィスマット


なぜこれほどまでに、こだわるのかというと、それは商品化された後、お客様に中身の品質をお知らせするのは品質表示などのスペックだけになってしまいますが素材の質にこそ寝具の価値があると考えているからです。

ここまで徹底してこだわり続けているお店は、他にないのではないでしょうか?
そんなこだわりの世界をぜひ体験してみてください。



健康を第一に考えた製品のみ取り扱っております。

日々、数多くの製品が生まれ続けていますが、当店では、製品を販売する前にまず実際に使用してみて、素晴らしいと思った製品のみ取り扱っております。

その理由として、間違いなくニーズの高い製品だとしても健康を害するものであってはならないと考えているからです。また、実際に使用してみないとその製品の優れた点を詳しく説明できないからです。

そのため、種類は少ないですが、どれもこだわりの一品となっております。

「購入したときの満足」よりも「使用した後の喜び」を基本に、数十年経っても自信を持って誇れる製品の数々。

どうぞ心ゆくまでご堪能ください。

下線

栃木県栃木市