更新日 : 2018/06/21 (木)

天然素材の魅力


みなさんは、自然の中にいると心が落ち着きませんか?

それは、人も自然の生き物だからです。

美味しい空気、美味しい水、木の香りなど、自然は安らぎを与えてくれます。

そんな自然から生まれた素材が、天然素材です。

天然素材を使用した天然繊維は、植物繊維と動物繊維に分かれます。

寝具の素材としては、特に、動物たちの体温を常時調節している動物繊維のほうが同じ動物である人にとって優れた効果を発揮します。

天然素材は、繊維自らが呼吸し、常に快適と感じる温度と湿度を保つ働きがあることから、「生きた繊維」ともいわれています。


素材の種類


それに対して、人の手によって生まれたものに、化学繊維があります。

化学繊維は、主に石油などの原料をもとに、化学的に作りだした繊維のため、吸湿性に乏しく、ほとんど汗を吸い取りません。

そのため、自律神経によって体温が維持できる、活動時は特に問題もないのですが、副交感神経が優位となり、血管が緩んで、心拍が遅くなり、体温や代謝が低下する、睡眠中となると話は別。

天然繊維のように自らが呼吸し、常に快適と感じる温度と湿度を保つ働きがないため、長時間使用していると、どうしても蒸れを感じてしまい、身体への負担は避けられません。

また、汗をかくなど睡眠中の生理的変化に対して、「深い眠り」につきやすい理想的な寝床内環境を維持することができません。

ほかにも、薬品による健康被害や、焼却・廃棄での環境への影響もあります。

天然繊維は、身体に優しく、安全に焼却もできて、自然に分解されますが、化学原料がもとの化学繊維は、薬品が使用されているため、場合によっては、副作用やアレルギー反応にも注意が必要です。さらに、燃やすとダイオキシンなどの有害物質が発生し、これらの中には環境だけではなく人体に害を及ぼす可能性のあるものもあります。

科学の発達により、自然減少が止まらない中、私達は今、様々な工業物に囲まれ、ストレスの多い社会を生きていかなければなりません。それなのに、睡眠中までストレスを感じていては、「浅い眠り」が続いてしまい、身体の疲労を回復するどころかどんどんと蓄積し、ますます体調を崩してしまいます。

日中に溜まったストレスや身体の疲労を十分に回復させるには、ぐっすりと「深い眠り」につくことが不可欠。

「深い眠り」が得られると疲れがスッキリととれ、免疫力もアップ。脳の機能や身体能力を最大限に発揮させたり、充実した一日を過ごすことができます。

また、細胞の老廃物が捨てられ、水分と栄養が補給され、再生も促されるため、翌朝は肌がスベスベになるなど、美容の面でも良い結果が期待できます。


■「深い眠り」につくために、最も重要なのが寝具の素材


枕、掛け・敷きふとん、マットレスの中で、一番重要なのはどれかご存じですか?

深い眠りにつくには、どの寝具も欠かせませんが、その中でも最も重要なのが敷きふとん、その次に枕、掛けふとん、最後にマットレスの順になります。

つまり、肌に直接触れる寝具の方が、より重要ということ。

人は、体温を下げないと「深い眠り」に入ることができません。「汗」をかくことによって体温を下げることで、脳の温度も下がり、「深い眠り」に入りやすくしています。

そのため、どんなに暑くても寒くても、一晩で約コップ1杯分(200~300ml)の「汗」をかきます。

その「汗」の30%が掛けふとんに、70%が枕と敷きふとんに吸収されるため、「汗」を素早く吸収・発散させて「深い眠り」につきやすい環境にしてあげることが、なによりも大切なのです。

ですので、肌にじかに使う寝具だけは、化学繊維ではないものを選びましょう。


やはり寝具は、薬品・樹脂を一切使用していない天然素材が一番です。
特にその中でも、ひときわ優れている動物繊維が理想的。


また、羽毛やキャメル毛、ヤク毛などの動物繊維の寝具で併せると、相性がとても良く、健康を支える良質な睡眠を実現するには、まさに理想の組合せです。


■おすすめの動物繊維の枕


中身の素材から側生地まで、すべて天然素材を使用し、薬品を一切使用していない「羽根枕」と「キャメル枕」は、夏でも冬でも、蒸れずにさわやか。オールシーズン快適な湿度を保てるまさに理想の枕です。

・一般の方には
ヌードピロー

・肩こりや首痛で悩んでいる方には
サポーターピロー肩こり、首痛の方に、おすすめのまくら

・腰痛や顔のむくみ、汗っかきで悩んでいる方には
キャメルピロー腰痛、顔のむくみ、汗っかきな方に、おすすめのまくら


■おすすめの動物繊維の掛け寝具


・必要な機能をすべて満たしている理想の掛け素材は、水鳥の産毛。

すべて天然素材を使用し、一つ一つ丁寧に手作りされた理想の掛け寝具。世界初の特許技術により薬品を一切使用していないため、抜群の吸湿、発散性で、蒸れずにさわやか。今まで経験したことのない上質の眠りが体験できます。

羽毛ふとん(主に春、冬用)おすすめの動物繊維の掛け寝具

ダウンケット(オールシーズン用)おすすめの動物繊維の掛け寝具

サマーケット(主に夏用)


■おすすめの動物繊維の敷き寝具


・必要な機能をすべて満たしている理想の敷き素材は、キャメル or ヤクの毛。

夏は45℃まで上がり、冬には-40℃まで下がるゴビ砂漠に生息するフタコブラクダの毛を使用したキャメル敷きふとんと、海抜4,000m以上の高地や山岳地帯など昼夜の寒暖差が30℃ほどある寒冷地に生息するヤクの毛を使用したトロワパッドは、冬は温かく、夏は蒸れずにさわやか。常に最高峰に君臨し続けるまさに理想の敷き寝具です。

キャメル敷きふとん(オールシーズン用)おすすめの動物繊維の敷き寝具

トロワパッド(オールシーズン用)


■おすすめの夏専用掛け寝具と敷き寝具


・天然素材の中でも、最も涼しい素材は、麻。

その麻の中でも、寝具に最適な最上質の麻を100%使用した「麻ふすも」と「本麻パッド(しとね)」なら、麻素材が持つ高い吸湿・発散性と通気性を存分に発揮。贅沢なまでの涼感で、夏の夜を快適にお過ごし頂けます。

麻ふすも

・現在使用されている布団の上に『本麻パッド』を敷いてご使用下さい。

本麻パッド(しとね)おすすめの夏専用敷き寝具


■おすすめの冬専用敷き寝具


・天然素材のなかで最も温かい素材は、水鳥の産毛。

毛布感覚で身体の下に直接敷く、最上質の羽毛を贅沢に使用したダウンパッド。冷えた身体をくまなく包み込み、この上ない温かさでお休み頂けます。

・現在使用されている布団の上に『ダウンパッド』を敷いてご使用下さい。

ダウンパッド


■おすすめの植物繊維の掛けふとんと敷きふとん


76年間愛され続け、しっとりしなやかでお肌にも優しく、とても柔らかくて、ズッシリとした適度な重量感が人気の秘訣。それが繊維が細長くホコリが出にくいコットン掛けふとんと、繊維が太く弾力性と耐久性に富むコットン敷きふとんです。

純綿(コットン)ふとん

・コットン掛けふとんの下にパシーマを。コットン敷きふとんの上にサニセーフを使用することで、さらに理想的に。

パシーマ

サニセーフ


■おすすめの動物繊維の和式用マットレス


血行促進とともに、肩や腰への負担を限りなく減らすため、「蒸れない、落ち込まない、寝返りしやすい」を追求し、ようやく実現できた匠のマットレスです。

六層マットレス(スィスマット)おすすめの畳、フローリング、ベッド兼用マットレス

三層マットレス(ハードマット)


■おすすめの動物繊維のベッド用マットレス


「畳」の積層構造と高級天然毛を使用し、「快適な寝心地」と「適正な寝姿勢」を追求し続けた結果、ついにスプリングを超えた匠のベッドマットレスです。

ラークオールおすすめのベッド用マットレス


■おすすめの天然木材のベッド


日本人の体型に合わせてベッドの構造を基本から見直し、薬品を一切使用せずにすべて手作りされた身体にも環境にも優しいデザインベッドです。

桧(ひのき)ベッドおすすめのベッド

畳ベッド(おんとこ)

胡桃(くるみ)ベッド

唐松ベッド(いぶき)


■春夏秋冬、季節ごとのそれぞれ理想的なマットレスの組合せ


理想的なセットアップ例


■寝具の無料診断サービス


今お使いの寝具の組み合わせをお手軽に診断することができる診断サービスを開始いたしましたので、今お使いの組み合わせが自分にあっているのか分からない場合に、ぜひご利用ください。

寝具診断君

身長と体重、質問内容をもとに自分の身体にあった寝具の組み合わせを選んでくれる診断サービスを開始いたしましたので、どんな組み合わせが自分にあっているのか分からない場合に、ぜひご利用ください。

寝具選びサポート君

下線

栃木県栃木市